Spelling Bee

毎年アメリカでは、Spelling Beesと呼ばれるスペルのコンテストがあります。そのコンテストでは、正確に単語のスペルを綴ることが求められます。StudySuite®のSpelling Beeがまさにそれです。単語が話されるので、その音を聞いて正しくスペルを打ち込んでいきます。Spelling BeeではSound Studiesで紹介されている5,000語が使われているので、Sound Studiesと併用することでより英語力アップが期待できます。そのため併用して学習することが望ましいです。

最初は短い単語から始まり、徐々に長い単語へと変わっていきます。Spelling Beeを続けていくにつれ、正確な単語の綴り方が身につくことでしょう。もし、Spelling Beeを始める前にSound Studiesを利用していれば、ある一定の規則に基づいた発音のパターンに気づくかもしれません。Sound StudiesとSpelling Beeを併用して学習することが可能です。2つを併用することで、より効果が期待できるはずです。

Spelling Beeの特徴

単語はSound Studiesで紹介される5,000語から成ります。

単語は短いものから徐々に長い単語へと変わっていきます。

単語が話されるので、その聞こえたスペルを打っていきます。

もし間違えた場合、自分の間違いを見つけて正すことが求められます。

好きな時に好きなだけ、自分のペースで練習することができます。

どのように役立ちますか?

定期的に練習を重ねることで、スペルにはパターンがあることに気がついてきます。

さらに、英語を正しく綴れるようになります。

ヒアリング力の向上にもつながります。

必要条件

スピーカー(又はイヤホン)とキーボードがついているコンピューターが必要です。

インターネットに繋がる環境にあること

Sound Studiesの利用を勧めます

年間利用料金

年間利用料金 (1 year)..............................................5400円

【銀行振込】
・銀行振込の場合は入金の確認までに2,3日(土日祝日を除いた銀行営業日)かかる場合がございます。